これであなたもワイン通?ワイン情報!

Wine Night

ワインに期待される効能

ワインにはミネラル、ビタミン、ポリフェノールが含まれそれによる抗酸化作用や抗がん作用などの効能があると言われています。
一日グラス1杯程度で健康効果が期待できるとされています。
赤ワインに特に多く含まれるポリフェノールは体内に入ると活性酸素と結びつき、動脈硬化や悪玉活性酸素を除去するとされます。
ポリフェノールは熱にも強く壊れることは無いので料理で使用することも出来ます。
またマグネシウムやカリウムなどのミネラルが多く含まれており、脳細胞を活性化させることでアルツハイマー予防も効能として期待されます。
他にもワイン少し飲むと血圧が低下することから高血圧予防も期待できます。
また美肌にも効能があるとされプロアントシアニンという葡萄種子や皮に含まれている物質は抗酸化作用が強いため肌のシミに効果があるとされ、またレスベラトロールと言う物質は細胞の老化を防止する効果やニキビの原因となる細菌の増殖を抑えることが期待されます。

赤だけじゃない白ワインにも効能はある

大量生産しているメーカーもあれば、無名な産地でも品質の良いものを少量で生産している生産者もいます。
そのような中、抗酸化作用のあるポリフェノールが血管を綺麗にして動脈硬化の予防の役に立つといわれる赤ワインですが、フランス人が肉食でかつ喫煙者が多いにも関わらず、生活習慣病からくる疾患にかかる割合が少ないという矛盾、いわゆるフレンチパラドックスを解析した結果、その効能が一躍有名となったのです。
最近ではアンチエイジングにも有効だとされています。
このように有名になった赤ワインですが、白には効能がないかと言えば、そうではなく、生ガキに良く合うといわれるのは、味がということばかりでなく、その抗菌作用と無関係ではないからです。
食中毒の原因となるサルモネラ菌や大腸菌に高い抗菌力を即効時に発揮します。
また、ミネラルも豊富で飲用して楽しんでいる人は若々しく、はつらつとしている人が多く、このようなワインの効能の恩恵を受けながらお酒を楽しんでいるのです。

Valuable information


Last update:2019/9/5

『ワイン 効能』 最新ツイート

@spice_fun

【クローブ】 別名:丁子・ちょうじ 役割: 香り付け、におい消し 効能:抗菌作用、腹痛、胃を健康に、消化促進、血流促進 非常に香りが強いので、入れすぎには注意。ハンバーグ、ミートソース、シチュー、ホットワインなどに使われるスパイ… https://t.co/7nZTVG8Bus

2日前 - 2021年09月15日


@maasa_watarumi

スパイスやハーブを集めています。 それぞれの効能や香りの特徴を知ると 毎日の食事作りが楽しくなります。 加えるだけで本格的になるし ワインとも共通のアロマがあったりと 食卓が華やぎます。 私は冷え性なのでこれから寒くなるシーズ… https://t.co/obVogubrTX

3日前 - 2021年09月15日


@spice_fun

【クローブ】 別名:丁子・ちょうじ 役割: 香り付け、におい消し 効能:抗菌作用、腹痛、胃を健康に、消化促進、血流促進 非常に香りが強いので、入れすぎには注意。ハンバーグ、ミートソース、シチュー、ホットワインなどに使われるスパイ… https://t.co/3KWcmRZlKG

5日前 - 2021年09月12日



PAGE TOP

COPYRIGHT(C) 2015 Wine Night ALL RIGHT RESERVED